2017/08/18.Fri

つまらない話

RIMG0010_20170817213809653.jpg


本日は、パスタランチで2000円強、リッチな食事をしてきます。









043_1000.jpg


そしたら、なんと、ドアを開けた途端、入店を拒絶されてしまいました、ショック。








DSC_0080_20170817214407ba9.jpg


でも、満席なら仕方ありません、大きく路線変更、居酒屋ランチにします。









RIMG0009_20170817213812b97.jpg


経験的に、昼にやってる居酒屋って、経営難なイメージがあります、オフレコですが。









RIMG0003_20170817213814699.jpg


名物がありました。








15884330934_9afee29b04.jpg


実はこれ、昔に食べたことがあります、一度食べたら十分な名物。








RIMG0005_20170817215021bf1.jpg


ぞんざいに盛られた御飯が印象的な、焼き魚定食。








RIMG0007_20170817215022ff7.jpg


キビナゴの南蛮が二匹、こんなにシミッタレるんなら、出さない方がいいんじゃ・・・








DSC_0083_201708172202211d4.jpg


もう一軒いきましょう。








15260491439_23c157a416.jpg


また居酒屋です








RIMG0037.jpg


住宅地にある居酒屋。







239159594_409c83ff04.jpg


客はご近所さん、常連さんばかり。









23392684536_c7e938606d.jpg


だから、「何しにきたんだ、お前らは」、という視線が、アチラからもコチラからも。








RIMG0001_2017081722130579a.jpg


生ビール、安いです、他の居酒屋の半額以下。








RIMG0004_201708172213068e3.jpg


鶏肉や豚肉などが入った、トマト煮がお通し、プロっぽく味ではありません。








RIMG0005_20170817221657e40.jpg


スタッフは女性だけ、家族でやられているか、と思ったら違いました。








RIMG0002_20170817221658b2f.jpg


金持ちが幾つもの飲食店を経営する中のひとつ、焼鳥メニューの美文は社長の名。








9093362466_2a6d307723.jpg


美文とは、とり身、ももの塩のこと、と店員さん。







RIMG0006_2017081722311888f.jpg


おまかせサラダ。








RIMG0009_20170817223120486.jpg


居酒屋らしい、市販のドレッシングで食べるサラダ。









RIMG0014_20170817224938cdf.jpg


牛ホルモン。








12215541823_3152cfb797.jpg


多分、これだと思います。









RIMG0015_20170817224941034.jpg


こてっちゃん。








RIMG0017_20170817225245c87.jpg


とり身、皮、ぽんじり、肝。







9341032501_b9f05a8204.jpg


焼酎も安いです。









RIMG0020_20170817225615788.jpg


この店の三大人気メニューを注文、鳥刺し。








RIMG0022_2017081722561707b.jpg


最近、美味しい鶏刺しを食べたことがないなぁ・・・








RIMG0026_201708172318002f6.jpg


鶏の唐揚げ。








RIMG0029_201708172318012ce.jpg


子供だけでなく、大人にも人気な空揚げ。







RIMG0030_20170817233706164.jpg


玉子焼き。







RIMG0033_2017081723370763d.jpg


甘い玉子焼き。








915_1000.jpg


つまらない話、このブログもそろそろ・・・









関連ランキング:イタリアン | 天文館通駅いづろ通駅高見馬場駅






関連ランキング:居酒屋 | 天文館通駅高見馬場駅いづろ通駅







関連ランキング:焼き鳥 | 隼人駅





スポンサーサイト
霧島市 | Comments(2) | Trackback(0)
 | ホーム | Next »