FC2ブログ
2018/02/01.Thu

凛丹一壺坊~杏仁豆腐、普洱茶布丁 ~

P1210774.jpg


凛丹の河津シェフとは、畏れ多くも、FBでお友達になってもらってます。







P1210785.jpg


それを機に、福岡で数回お逢いさせていただきました。







P1210788.jpg


中国料理の枠に囚われない、引き出しの多さを感じさせる、その料理は絶品。







P1210791.jpg


これだけ表現力のある中国料理人はいないんじゃないか、と思うほど。







P1210795.jpg


その河津シェフと、ご縁があるんですね、鹿児島でお逢いできるとは・・・








315957907_01b36e8719.jpg


もしかすると、映画「セレンディピティ」よりも運命的かも。







35478341723_96d8b13dfc.jpg


と言ったら、これを観た人から顰蹙を買いそうなので言いません。






P1210804.jpg


ところで、中国料理の流れとして、ご飯や麺の後にはデザートです。







6353683491_b4a63153fc.jpg


中華のデザートといえば、いろんな種類があるのに、やはり杏仁豆腐。







2410240649_348f7f3193.jpg


とても息の長い点心、不動の人気、リリーフエース。







9225129025_fd3e7f9965.jpg


寒天で固める時代からして、何十年もの間、その地位を守ってきました。








38993904671_77c13e0855.jpg


「マンネリだけど、やはり定番の味を食べなきゃ」







3284934526_b98da85d90.jpg


という気持ちになる訳ですね、客は。







35627874841_a5d35ff099.jpg


店側も、「マンネリだけど定番を出さなきゃ」と思うわけです。








2200716300_fb0328e9fe.jpg


モチクリームなんか、ほんのちょっと、一瞬の人気でした。







5403882590_fd226a4c35.jpg


それに比べて、杏仁豆腐の御長寿ぶりは素晴らしい、いつも感心しちゃいます。








P1200575.jpg


そういえば、福岡の凛丹さんでもいただきました、杏仁豆腐。







P1210817.jpg


これも杏仁豆腐、スープ仕立ての杏仁、これも美味しかった。







P1200572.jpg


胡桃布丁も頂きました、その旨さに多くの料理人が模倣したというプリン。







P1210811-1.jpg


これは私たちの中では忘れることが出来ない甜点心。








2637732474_d47bf86aa3.jpg


天津飯を再構築した、「天津飯」という名のデザート。







P1210814.jpg


「天津飯ではない」と「天津飯である」が同時に成り立つ、傑作のスイーツ。







RIMG6633.jpg


さて、一壺坊さんでの食事も終わり、次は甜点です。








RIMG6684.jpg


やっぱり頼んでしまいました、凝固と溶解の転換点にある、デリケートな杏仁豆腐。







RIMG6683.jpg


これは初めて、普洱茶凍布甸、プーアル茶のプリンです。








10376716304_b4e179e238.jpg


東洋的な雰囲気と。








5466536578_c348970f74.jpg


西洋的な佇まいが共存したようなデザート。








23501212014_469f39dc90.jpg


珈琲とプーアル茶をブレンドしたような、香港的なプリン、港式布丁。








RIMG6683.jpg


料理の美味しい店は、デザートも美味しい。








21108187520_dd06da8fdfop.jpg


河津シェフ、次回もどうぞよろしくお願いいたします。










関連ランキング:中華料理 | 桜坂駅六本松駅






関連ランキング:中華料理 | 天文館通駅高見馬場駅いづろ通駅







関連記事
スポンサーサイト
凛丹一壺坊 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示