2018/02/09.Fri

シラノ・ド・ベルジュラック~Bethmale~

6478606725_120bcc6571.jpg


チーズは、マニアではないけど、普通に食べている方だと思います。







27067457_662382587484357_4416187808631879k896_n.jpg


フロマージュの面白さのひとつは、諸行無常、同じ味に出会えないこと。








27066749_662382640817685_426486755075256162_n.jpg


モンドールも、諸条件により、味が毎回変わります、これは残念、イマイチでした。








RIMG6686.jpg


このチーズは美味しかった、有名な熟成士のフロマージュ。







RIMG6687.jpg


例えるなら、チーズの形をしたアーモンドです、華やかな香りと深いコクのコンテ。








15103749608_0d38b70710.jpg


熟成の仕方でも、味が天と地ほど変わる気がします。







10179720085_ea9d5d3b62_20180207085722c63.jpg


フレンチやイタリアン、食後にチーズは定番。








14332012196_c14d393f87.jpg


和食屋で塩辛や唐墨を貰う感じです、もうちょっとお酒を飲みたいから。








15061200277_4fbb01536f.jpg


ここ、シラノ・ド・ベルジュラックさんはチーズが揃ってます。








RIMG6725.jpg


本日は五種類のフロマージュが私を待ってました、それを全部下さい。








RIMG6722.jpg


左奥から反時計回りに、エポワス、ゴルゴン、サント・モール、ベットマル、カマンベール。








RIMG6724.jpg


いつもなら、甲殻類のような旨味を醸すエポワスが旨い、と言うところですが。








16341863040_044d23358c.jpg


今宵はベットマル(またはベツマル)に軍配を上げます、珍しいチーズみたい。







23341429055_92dfb0344d.jpg


ピレネー山脈のどっかで作られる、山のチーズ、ここら辺のは気泡が入るのが特徴とか。







RIMG6723.jpg


山羊の乳のセミハード、ヤギと言うよりブタです。








16341275271_5dc9f32496.jpg


豚を食べているような旨味、生肉ではなく、塩蔵のハム。







2347398410_e536b5de6c.jpg


生ハムを食べた後のような余韻に浸れるシェーブルチーズ。








RIMG6727.jpg


食後酒を飲みながら、シェフとマダムと談笑、お喋り。








2792833849_c5a8086fb5.jpg


大河ドラマの舞台は鹿児島、その「西郷どん」の話はしてません、見てないし。








RIMG6728.jpg


デザートも美味しくいただきました、次回もどうぞよろしくお願いします。










関連ランキング:ビストロ | 天文館通駅高見馬場駅いづろ通駅





関連記事
スポンサーサイト
シラノ・ド・ベルジュラック | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示