2018/03/27.Tue

ビストロ・ピエ・ド・ポー~青首鴨 根菜~

RIMG0143_20180320175021912.jpg


ピエ・ド・ポーさんの二本目のワインです。







RIMG0142.jpg


次の皿にピッタリの赤。








RIMG1834_2018032017552491b.jpg


バッチリ、素晴らしいセレクト。









RIMG1830.jpg


前の料理、魚料理と合わせたら、心閉ざしたまま、蕾のままのワインでしたが。







4507629386_f94f02054a.jpg


この皿で一気に全開。








35516883660_3288782cc1.jpg


ワインって、経時的に、または料理に応じて、いろんな表情、性格を見せるもの。







35064853194_7556680f4d.jpg


それなのに、ビシッと焦点を合わせられるところがさすがですね。








35064857204_5f7569275e.jpg


マダムは、接客も賞賛に値しますが、ワイン選びも抜群。








35064857544_d61328ff72.jpg


ワインの値付けも、事務的に、仕入れ値の2倍、3倍とするのではなく。








35064819864_ff884fe4e5.jpg


ワインの味で評価、総合的な判断によって値段を決める、とマダム。








10179054183_669b86d8d0.jpg


その価格もすごく良心的だと思います。








5513503382_0348fab91a.jpg


シェフも、自分が作っていないものを高く売りたくない、と。








RIMG6772.jpg


アウグーリオのシェフも同じことを言ってました。







3683534736_b2168ef504.jpg


こういう感覚を持てるシェフは立派。








12208223525_f76cd10bf3.jpg


鹿児島のソムリエがオーナーの店とは・・・







RIMG1834_2018032017552491b.jpg


ここからは料理の話、青首鴨のミートボール入りのスープが旨い、すごく美味い。








RIMG1835.jpg


根菜も入っているので。








5319095529_386e6ca8f7.jpg


見た目は筑前煮、ガメ煮。








26481153940_5ef3ebf793.jpg


芋煮っぽいですが、そんな比ではありません。








30897214392_ba5fc20640.jpg


宮崎で獲れた真鴨、青首鴨の出汁が濃厚、圧倒的旨味。








RIMG0153.jpg


スープも旨いですが、鴨の臓物の旨いこと。








34472177731_b9d90144cd.jpg


やはり野鳥は臓物を食べたい。








RIMG0159_20180320190443a9a.jpg


お肉も絶品、食べ終わりたくない、ずっと食べていたいと思うほど。








RIMG1839_20180320190710b89.jpg


文句なしの料理。








24098213731_7d94fefb1e.jpg


なのですが、次のジビエはもっと凄い料理が・・・、続きます。










関連ランキング:ビストロ | 桜島桟橋通駅鹿児島駅前駅水族館口駅







関連ランキング:フレンチ | 思案橋駅賑橋駅観光通駅






関連記事
スポンサーサイト
Bistro pied de porc | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示