2018/05/29.Tue

オステリア・アニカ~殺生~

R0011002.jpg


いまから、今月で一旦店を閉める、オステリア・アニカさんに伺います。








R0011003.jpg


それにしても、人生、順風満帆にはいかないものですね。








R0011004.jpg


そういえば、大人気のレストラン・ロマランさんも、非公式には断言してますが。







R0011005.jpg


公式には、発表したと思ったら引っ込めてと、まだ迷走中なので、少し言いにくいけど・・・








6261304532_79e8b2da61.jpg


ロマランの尾嵜シェフ、マダムには、「本当にフレンチが好きなんですか」。







35296524000_2284a78719.jpg


ということを問うてみたいです、それだけ。







R0011007.jpg


そこの角を左に折れると、アニカさんがあります。








R0011008.jpg


到着、次回、ここを訪れるのは8か月後か・・・、長いお別れ、寂しい。







R0011010.jpg


まずは麦酒、今宵は、久美さんも和枝さんもいないので、手酌、下手な注ぎ方。








R0011011.jpg


それでもビールは美味しいです、フルーティ、且つ、酵母臭がする白ビール。







33656890_732953107093971_6243878263555358720_n.jpg


冷菜は、パンツァネッラと車海老のマリネ。







19340517219_275b985e72_z.jpg


パンツァネッラとは、トスカーナの郷土料理、パンやトマトらを刻んだ、チョップド・サラダ。







9319535791_13722a981a.jpg


現代の添加物まみれのパンと違い、昔のパンは老化が早いですから。







8203480122_990f15a9ce.jpg


硬くなったパンを有効利用した一皿、Poor man's dish、貧者の皿と呼んだりも・・・







33661808_732953147093967_2841836687028387840_n.jpg


クスクスみたいに、細かく砕いたパンが印象的なサラダ。







2368141670_ced6a545e9.jpg


そのパンツァネッラ、貧しき人達のサラダの上には、高級活き車海老。








R0011042.jpg


この活き海老を処理したのはバイトさん、馬場シェフは、生きたものは殺せない性分。








13897390333_6d7a8618ba.jpg


でも、多くの料理人が、牛や豚、鶏などを潰さない、殺生しないのですから。







21708460206_d0566a1cb1.jpg


生きた海老を殺せなくても全然大丈夫、逆に、心優しいシェフに畏敬の念を抱くほど。








R0011018.jpg


これはエビの味噌と身を和えてると思いましたが、ちょっとはっきりしません。








R0011015.jpg


あと、サラダと海老がマッチしているのかも、ちょっとはっきりしません。








R0011020.jpg


ここで、馬場シェフが、ふたりの絆を強める、媚薬を出してきました。








8455740654_3691c1dea2.jpg


山東省出身の中国料理人が作った、八角香る、卵黄の紹興酒漬け。








33703562_732953183760630_8874862125416185856_n.jpg


これを合わせてみましょう。







R0011021.jpg


車海老と黄身の色が被っちゃったけど、卵黄があった方が旨い、コクが出る。








33595221_732953580427257_4561470154155753472_n.jpg


本日も、とても美味しい料理が登場する気がします。








11822664393_929a659eea.jpg


次は鮎です。









関連ランキング:イタリアン | いづろ通駅天文館通駅朝日通駅






関連記事
スポンサーサイト
オステリア・アニカ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示