2018/06/06.Wed

オステリア・アニカ~臓物のプリン~

R0011069.jpg


本日も、長期休業される、オステリア・アニカさんからお送りします。








33653457_732953520427263_1572454172073132032_n.jpg


馬場シェフの自家製パンも大好きです、今宵は全粒粉。







R0011072.jpg


食事も終わりましたが、いつも通り、ワインが残っているのでアレを注文。








30837273682_7e0fe88ab9.jpg


馬場シェフが私たち好みのチーズを準備してくださいました。







33762818_732954173760531_7513638194466783232_n.jpg


マンステールとロックフォール・ガブリエルクーレです。








R0011079.jpg


ロックフォールは、ミルキーさの中に塩味とアンモニア臭、上等なブルー。








R0011076.jpg


これはマンステール、ウォッシュチーズです







R0010683.jpg


前回もマンステールでした、これは臭いけど味はマイルド。








33763588_732954183760530_7532806148177526784_n.jpg


今回のは、臭気はもちろん、豊潤な旨味があります、濃厚。








DSC_0191_20180605194649285.jpg


エポワスを食べた時のような、魚介系の珍味を食べているような味わい。







36426610082_a679ce68c8.jpg


こういうチーズを食べると、ワインもいいですが、日本酒も欲しくなります。








R0011068.jpg


次はデザート、ワイン好き、酒好きじゃない人には勧められません。







33602779_732954277093854_48510705733352816641_n.jpg


プリンです、大人のプリン、私たちのために作ってくれたデザートでしょう。








5007816466_5a25c30241.jpg


鹿児島でこの食材をデザートにした料理人がいるでしょうか、鶏レバーのプリン。








4924720579_2e68df204d.jpg


以前、私たちがフォアグラのテリーヌや。







8228642937_626b09833d_z.jpg


鶏白レバーのペーストは、デザートになるのではないか。








R0011043.jpg


と言ったのを、馬場シェフが憶えていてくださいました。








33751458_732954220427193_8612956973916225536_n.jpg


臓物のスイーツ、鶏レバーのプリンをいただきましょう。







5859394829_da82170b16.jpg


本当に鶏レバーです。







R0011097.jpg


血肝を堪能できる重厚プリン、びっくりするほどマニアックなプディング。








7714521706_8174650f56.jpg


ですが、ちゃんとドルチェとして成立してます、その役目を負うのが、パッションフルーツ。







3225267330_206fc1f32d.jpg


それと生クリーム。








9005702582_9155213f59_20180605214603d20.jpg


特にパッションフルーツの効果は絶大。








R0011097.jpg


見事、デザートに変身、旨い。








R0011100.jpg


馬場シェフ、本当に有難うざいました。







6017080118_2101e0c1d5.jpg


そうそう、シェフから、お土産もいただきました。








RIMG6974.jpg


シワシワになってしまいましたが、シェフ直筆のメニュー。







R0011133.jpg


そして、鶏レバーのプリンです。







R0011135.jpg


このまま食べれば前菜、果実を添えればドルチェ、一度で二度美味しいプリン。








6804801864_fd0ced8994.jpg


次は来年3月に伺います、どうぞよろしくお願い致します。










関連ランキング:イタリアン | いづろ通駅天文館通駅朝日通駅





関連記事
スポンサーサイト
オステリア・アニカ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示