FC2ブログ
2018/06/15.Fri

凛丹一壺坊~野蓮~

41556089284_097ac0a240.jpg


パスタも国際化し、それぞれの国で、独自の具材、味付けが為されているようです。







36555601230_875818de4f.jpg


日本におけるパスタの聖地、名古屋には「あんかけスパゲティ」なるものも存在。







2980167499_955c978134.jpg


凡人が、日々をボケーッと暮らしている間に、いろんなスパゲティが誕生。







2867795522_498702e186.jpg


思いつくものがすべて商品化されています。







5498186663_b05d09b7fb.jpg


既成概念、固定観念に執着している自分が情けなくなるほど。








5962848453_a146e88348.jpg


イタリア人が好む日本風スパゲティといえば。








9991142395_5cd08089de.jpg


「明太子スパゲティ」、私はあまり食べたことがないから、どこかのイタリアンで・・・







34445061_736873713368577_2527142633659170816_n.jpg


パスタの話で盛り上がっていたら、一壺坊のシェフがあるものを用意してくました。







R0011207.jpg


スパゲッティな野菜です、水蓮菜。







520_1000_20180614194532a17.jpg


台湾鏡蓋、カタカナで書くと、タイワンガガブタとも呼ばれる水草。







3732269070_8a2c3e3780.jpg


ゆえに、台湾などの南方、東南アジアでよく見られる野菜かも。







394_1000.jpg


上述した通り、水草なので収穫は大変、水の中での作業。








8228910125_522c4c9133_o.jpg


地下茎ではなく、水中茎みたいのが長いので、これまた難儀そう。







14265803463_5003beb973.jpg


収穫中の台湾女性の顔で、その苦しみを窺い知ることが・・・







8224673254_c929fa4846.jpg


炒野蓮、炒め物として食されるようです。







R0011208.jpg


シェフが、東京で料理長してた頃から、よく使っていた食材。








328_1000.jpg


鹿児島では珍しいので、食べてもらいたいと、東京から空輸。








R0011209.jpg


水蓮菜を火を通してから、調味料で和えてます。







7060488505_3cfe03ffc2.jpg


韓国でいえば、ナムル、日本でいえば、お浸し。







R0011212.jpg


軽めな火入れでアルデンテ、適度な歯応えと、程よい青臭さを残してます。








19413769146_d9b28904cd.jpg


が、やはり野蓮の特長は、ヌードル状なところ。







42457127142_3f515f8315_z.jpg


麺の代わり、もどき麺として使っても面白そう。







3493284882_1361d9b09a.jpg


次は海老です。















関連ランキング:中華料理 | 天文館通駅高見馬場駅いづろ通駅






関連記事
スポンサーサイト
凛丹一壺坊 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示