2018/06/27.Wed

すし処 山喜~普段使い~

3864472752_56d1577739_20180625203004085.jpg


食べログを読んでいると、よく「普段使い」という言葉が出てきます。







3844827672_973c89118a.jpg


例えば、「普段使いが出来るうどん屋さん」、うどん屋って、客単価が1000円以下でしょう。








6830192097_cb28d43578.jpg


普段使いできない饂飩屋ってあるのでしょうか。








6486939477_e8872ee391.jpg


大阪の「うどんすき」なら、普段使いできないかもしれないけど。








24213870534_20cbb87694_20180625205600bd0.jpg


あと、「普段使いできる大衆食堂」、当たり前でしょう、大衆と謳っているのだから。








5551213121_15315de36c.jpg


でも、「普段使い」って、金銭面だけでなく、物理的なものも含めて使う人もいます。







10485345754_bc70a0fff2.jpg


「普段使いできる、近所の居酒屋」みたいな感じで・・・







RIMG7043.jpg


国分にやってきました、いまから鮨屋に行きます。







41739233342_820c1ef98c.jpg


この辺には、めっけもん、山八さん、すし由さん、一天張さん、いろいろありますが。








RIMG7038.jpg


ここにしました、山喜さん。








RIMG7040.jpg


3年ぶりです。








RIMG6988.jpg


生ビールで乾杯。







RIMG6990.jpg


お通しは、バイ貝の煮付け、普通は醤油味ですが、ここは塩味もします。








4819375788_cff5eabfc7.jpg


料理人は塩で語りますから、塩はとても大切。







RIMG6991.jpg


塩が、海の香り、磯の香りを呼び覚ますかのよう。







RIMG7000.jpg


日本酒です、銀嶺だったか、吉乃川だったか、忘れました。








RIMG6993.jpg


刺身の二種盛り、しめ鯖と鰹のタタキ。







RIMG6999.jpg


締めサバの、酢加減もですが、塩加減がいい、鯖の旨味を凝縮、引き出す感じ。








5298525948_f3ea8cf9a9.jpg


お酢で、それも表面しか蛋白変性をさせていないのに、塩焼きのような味わいも。







RIMG6996.jpg


カツオは上り鰹なので、あっさりした味わいですが。








6044776378_9f82393410.jpg


カツオを炙ることにより、香気成分が付与され、美味しさがアップ。








RIMG6994.jpg


あと、しめ鯖が4切れ、タタキが5切れ、ちゃんと奇数盛りされています。







2901327827_113293b185.jpg


陰陽五行無しに和食は語れませんが、この思想では「9」は吉数であり・・・








RIMG7039.jpg


今日はここまで、明日も「普段使い」できる寿司屋さんからお送りします。











関連ランキング:うどんすき | 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅






関連ランキング:寿司 | 国分駅


関連記事
スポンサーサイト
すし処 山喜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示