FC2ブログ
2018/06/28.Thu

すし処 山喜~入り鯛~

RIMG7042888.jpg


本日も、国分駅の近くといえば近く、山喜さんからお送りします。








5399893432_071c6f7812.jpg


博多の某有名すし屋の大将が、「うちは高級居酒屋」と言ったように記憶してますが。








RIMG7001.jpg


ここは、庶民の懐に優しい、良心的居酒屋としても使える店。







6774960417_ed61c5b3f0.jpg


今、飲んでいるのは久保田生原酒。







6271900738_625bb6ee03.jpg


常連客から、「酒屋で買うよりも安く飲める」と称賛、喜びの声があがる、と若大将。







RIMG7011.jpg


金太郎イワシの塩焼き、いい塩梅、塩をうまいこと鰯に浸透させてます。







10453004934_2cafa17908_z.jpg


イワシに塩を打った後、冷凍させるのが、この味加減のコツと若大将。








RIMG7009.jpg


容姿より、味本意のイワシの塩焼き、頭から骨、尻尾まで、全部食べられます。








RIMG7003.jpg


若大将の父上、今は裏方に回っている大将が揚げられた、穴子の天ぷら、衣が独特。








4299160036_7151801efa.jpg


ちょっとグルテンを形成させたようなテクスチャー。







RIMG7006.jpg


小麦粉を感じさせる衣ですが、油を吸ってないので、重たそうで重たくないし。







RIMG7004.jpg


食材も殺してません、その衣が小味的な役割もするので、塩もつゆもいらないくらい。







RIMG7001.jpg


2杯目の久保田の生原酒、香りがいい、吟醸香がします。







6110643001_312db31cfd.jpg


熱帯果樹系のフレーバーもするので、夏向きでもある酒。







RIMG7014.jpg


桜鯛の荒炊き、さっぱりとした味つけです。








32858874080_fbeeea98c7.jpg


アラ炊きの中には、その味の濃さ、甘ったるさに食傷、食べ飽きたりしますが。







RIMG7014.jpg


これはそういうところがありません、且つ、鹿児島の添加物まみれの醤油を使ってない味。







RIMG7013.jpg


鯛の身がとても締まってます、この理由を若大将にお訊きすると「入り鯛だから」と・・・








25533372803_89de673cd9.jpg


「入り鯛」とは、外洋から湾内、錦江湾に入ってくる天然鯛のこと。







17143178267_0de2e54d83.jpg


鹿児島の魚業界では常識的な話、でも、私たちは知りませんでした、誰かに言わなきゃ。







RIMG7015.jpg


居酒屋使いも出来る寿司屋で一献。







9993575004_a44d6b43fa_20180626172646631.jpg


まだまだ酒肴を楽します。











関連ランキング:寿司 | 国分駅









関連記事
スポンサーサイト
すし処 山喜 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示