FC2ブログ
2018/07/04.Wed

シラノ・ド・ベルジュラック~コンソメジュレ~

3954675439_cdd2e4d8e0.jpg


日本の著名なフレンチシェフの自伝を何冊か読んだことがあります。








315_1000.jpg


大体において、中身は同じ、似ています。








10834046795_529eb97062.jpg


単身渡仏し、苦労して修行先を探し出したけど、そこからが地獄のような毎日。








947_1000.jpg


しかし、いつしかその才能が認められて、いいポジションに就任。







5717411837_3d1bc2b76b.jpg


日本に帰ってきたら、時代の寵児、スターシェフになりました、そんな内容。








7952283716_1bd118e299.jpg


そういう著名な料理人と違う道を歩んでも、有名になれる人間もいます。







6035671764_99d0c4a563.jpg


大事なのは技量ではなく、視聴者の好感度。








2336803475_5cccc0a8aa.jpg


因みに、ホテル勤めのコックが、フランスで働くのは「研修」、修業とは別のもの。







RIMG0011_20180702212234aa2.jpg


ここはビストロ、シラノ・ド・ベルジュラックさんです。







RIMG0003_201807022129212f5.jpg


ヒストロの定義はいろいろあるけど、ナイフとフォークを替えないのもそのひとつ。







5309371744_35c9c114c7.jpg


和食や中華などが、料理ごとに箸を交換しないように、まあ、例外はあるけど。









R0011270o.jpg


アミューズは、軽く燻製したサーモンと夏野菜のコンソメジュレ寄せ。








6658420345_44d0777648.jpg


よく根菜のムースと合わせたりもしますが。








14419481625_ea49c93d8e_o.jpg


ここはシンプルにコンソメジュレだけ。








R0011273.jpg


濁りなきジュレに沈んだ、鮭とトマトと胡瓜と枝豆らのちょっと朧げな色感が涼しげ。







R0011276.jpg


ゼラチン質がペタペタと唇にまとわりつくジュレ、緑は食感を残すように茹でた隠元。







R0011278.jpg


スプーンにのせたのは、ミフュメしたサーモン。








39672054362_bdc22c7268_z.jpg


皆さんはどうか知りませんが、スモークサーモンを食べると、タマゴを欲します。







5703890704_e668a692e1.jpg


だから、ロワイヤル、冷たいフランス風茶碗蒸しと合わせ・・・








R0011272.jpg


清涼を運ぶアミューズ、美味しくいただきました。








14229143275_001bffdc09.jpg


次は鮎です。









関連ランキング:ビストロ | 天文館通駅高見馬場駅いづろ通駅





関連記事
スポンサーサイト
シラノ・ド・ベルジュラック | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示